Menu

準中型免許とは

準中型免許とはどのような免許なのでしょうか。2017年(平成29年)3月12日に、準中型免許の新設に伴って、中型と普通免許の運転条件が変更されることになりました。

合宿免許といったらムーチョ!

準中型免許とは

大型自動車、中型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外のクルマのであり、車両総重量が3,500kg以上7,500kg未満のクルマ、最大積載量が2,000kg以上4,500kg未満のクルマ、また、乗車定員が10人以下のクルマが該当します。

準中型免許取得がわからない

準中型免許は、新しい運転免許証なので、わからないという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

中型免許は、2017年3月に施行されたばかりでまだできたてのホヤホヤです。

とりあえずあなたが気にしなければならない問題は、免許の区分です。そして、なんで準中型免許取得が誕生したのかもちょっと気になるポイントではないでしょうか。

2017年の改正道路交通法施行される前は、「大型免許」と「中型免許」「普通免許」の区分だけだったのです。そもそもこの「中型免許」というのも2007年に導入した比較的新しいジャンルなのです。

準中型免許取得の位置付けは、普通免許と中型免許の真ん中といういい方で正しいです。

区分の数は3区分から4区分へと、そして、運転出来るクルマも細分化されてしまうことになります。

準中型免許取得でどのようなクルマを運転することができるかと言えば、車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満です。

ですから、あなたが普通免許取得をしても、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満までのクルマまでということになります。

準中型免許取得は、トラックドライバー不足のため誕生した?

準中型免許取得をまた違う視点で見れば、取得出来る年齢が18歳以上であり、先行して保有しなければならない免許の条件がないという特徴を持っています。

最近、とても多く囁かれているのが、トラックドライバー不足です。

そして、このような問題の背景には、中型免許のハードルが高いから、なかなか免許取得しない問題をあげることができます。

中型免許をどのような方法で取得することができるのかと言えば、「20歳以上」&「普通免許などの通算2年以上の保有」という厳しい条件があります。そのような状況が存在しているから、高校を卒業したばかりで輸送会社に勤務しようというモチベーションがなかなか作られることがありませんでした。

20歳未満の未免許取得者に対して、トラックドライバーとして勤務する、また雇用される自由な選択肢を与えたということができます。

新着記事