Menu

宿泊プランのシングル・レギュラー・ツインの違い

合宿での運転免許取得では、宿泊先がどうかということも優先して考える必要があります。

合宿免許は、短期間で免許取得出来る方法です。とはいうものの、しばらくはその場所に滞在することになるので、宿泊先がちょっと……ということになれば、相当合宿免許が負担に感じられてしまうことでしょう。

そこで、今回、宿泊先についてノウハウをあなたに提供しようと思います。

ムーチョ!で合宿免許を取ろう

宿泊プランのシングル・レギュラー・ツインの違い

合宿免許でも、シングル、レギュラー、ツインという選択肢に迫られることになります。

果たして、シングル、レギュラー、ツインってなんなのでしょうか。

旅行慣れしていない人たちは、こんな選択肢から迷ってしまうかもしれないですよね。

合宿免許が通学の免許取得と違う点は、やっぱり宿泊しながら運転免許取得することです。

合宿免許で利用する宿泊先には、合宿校直営の学校寮だったり、合宿校が他の宿泊施設と提携、提供するホテル・旅館といったものなどいろいろあります。

学校の寮という選択肢の場合、多くが教習所の敷地の中にあったり、また教習所の近くの土地に教習所自社で運営し、建てられていたりします。

またある合宿免許では、寮というものの、ほとんどリゾートのペンション?という感じのところもあります。

また普通の建物に見えて、ゲームルーム、卓球台、ビリヤード台、更にはPCルーム、フィットネスルーム、マンガコーナー……と言った設備が充実していたりして、合宿での運転免許取得をする人たちを決して飽きさせない配慮をしてくれています。

シングル、レギュラー、ツインとは

合宿での運転免許取得でのシングルとき、シングルルームのことです。

シングルルームは、基本お一人様のための部屋です。合宿免許では、多くの生徒を受けいれるため、相部屋やツインが多い傾向があります。

ツインは、ツインルームのことです。ツインルームは二人で同じ入校日に参加することで利用することができます。合宿免許は、仲のいい友だちで行くというのもいいのではないでしょうか。

また、トリプルとは、トリプルルームのことです。

トリプルルームは3名で同じ入校日の参加でなければ利用はできません。

実際に、トリプルルームを採用している合宿免許はそれほど多いということはありません。中には、ツインルームとして利用している部屋に対して、エキストラベッドを追加というカタチで、トリプルルームとして利用している合宿免許もあります。

新着記事