Menu

初心者マークはいつまで?

合宿免許で運転免許取得をして、いよいよ一人で運転です。路上では実際にドキドキハラハラの体験もあるのではないでしょうか。そのとき、あなたを救ってくれているものが初心者マークということができます。

大方、初心者マークがどれなのかわかるという方々がほとんどではないでしょうか。でも、初心者マークの細かいことに対してあなたはどの程度理解していらっしゃることでしょうか。

運転免許取得ならムーチョ

初心者マークのルール

合宿免許で運転免許取得した人たちは、とにかく初心者マークのルールについて知って欲しいと思います。

まず、初心者ドライバーが、初心者マークを貼る期間は一年という定めがあります。あなたはちょっと初心者マークをつけたくないという場合も、一年間は必ずつけなければならないのです。

そして、周囲のドライバーは幅寄せ、割り込み(危険回避のためだったりやむを得ないケースを除きます)などの行為をしてはならないと定められています。

そもそも初心者マークは、周囲のドライバーに注意喚起するためであり、運転する初心者をしっかり守ってくれるためです。

自分自身を、守るためしっかり初心者マークを装着するようにしてください。もしも、あなたが初心者マークをつけなかったという時には、道路交通法では、「初心者運転者表示義務違反」という扱いになり、反則金は4,000円、行政処分は減点1点となってしまうので注意しましょう。

また周囲のクルマに対しても違反行為を起こすことで、「初心運転者等保護義務違反」となり、違反点数1点、反則金6,000円(中型車・大型車は7,000円、小型特殊車は5,000円)という事態になります。

初心者マークは1年を過ぎても付けてOK?

初心者ドライバーは、初心者マークを一年は装着しなければならないとされています。しかし、初心者の方々が運転技術に不安があれば、初心者マークをそのまま装着していてもOKなのでしょうか。

初心者マークは、あなたが不安ならそのまま貼り続けていても、罰則を受けてしまうことはありませんので安心してください。

しかし、トラブルが起きて幅寄せなどされても、その相手に対して「初心運転者等保護義務違反」が適応されることもありませんので、そのあたりのことも理解しておく必要があります。

合宿免許で運転免許取得して、ずっとペーパードライバーという方々も多くいることでしょう。そのような人たちが、はじめて運転するときもやっぱり初心者マークは必要ではないでしょうか。

新着記事