Menu

準中型免許とは

合宿免許で運転免許取得しようとしている人たちは、免許取得にどのような種類があるのかあらかじめ知ることもとても大事です。

あなたは、評判準中型免許という言葉をここではじめて聞いたのかもしれません。

準中型免許は、2017年3月から新しく設立されたものです。

このような感じで、運転できるクルマの種類もフレキシィブルに変わったします。

今回準中型免許にスポットをあてました。

合宿免許の前にしっかりまずは、勉強しましょう。

勉強が終わったら合宿免許へ

準中型免許とは

準中型免許の意味合いは、 普通免許と中型免許の間あたりのクルマのことを言います。

中型免許といえばトラックが運転することができますが、だとしたら準中型免許は何が運転できるのでしょうか。

2017年3月から新しく準中型免許が登場しました。準中型免許では、クルマの総重量が7500kg未満、また最大積載量は4500kg未満、乗車定員10人以下のモノを運転することができます。

準中型が登場したことによって、普通免許で運転できるクルマにも変更事項があり、普通の場合は、 車両総重量3500kg未満、最大積載量2000kg未満、乗車定員10人以下です。

実際には普通自動車を乗っている人たちは以前よりも乗ることができるクルマの範囲が狭くなってしまうことになりました。

実際には、普通の免許取得でも5tのトラックを運転することができたのです。

なんで準中型免許取得が…?

普通免許でも5tもあるトラックを運転することができた訳ですが、安易にトラックに乗ってしまうことで相当多くの交通事故が起きていたのです。

それでは駄目ということで、新たに準中型を設けることになりました。

そして、交通事故を減らすことに、この免許取得が貢献することになります。

また、準中型免許取得は、中型免許はそうではありませんが、 18歳以上から免許取得することができるので、 運送業者の人手不足対策として有効的なのです。

そもそも、運送業者の人手不足も深刻な問題を抱えていることをご存じでしょうか。 トラックの免許取得はなかなか取ることができないから、運送業への就職も今まであきらめていたという方々もいらっしゃるったことでしょう。

しかし、準中型免許取得なら堂々と18歳で免許取得することができ、 コンビニのトラックや引っ越しトラックを運転することができてしまうのです。

これなら、運送業の人材不足も解消できるかもしれないですよね。

また、2017年以降普通免許を取得した人たちは3.5tまでしか運転できません。

新着記事