Menu

合宿での運転免許取得離れの若い人たち

いま、合宿免許と言えば、若い人たちが免許取得する光景で非常に活気あふれている感じがありますが、一方では、運転免許証離れという現象が若い人たちに起きています。

若い人たちの運転免許取得離れの実態

合宿免許は、若い人たちで一杯という思うものの、結構閑古鳥が鳴いているときもあります。

若い人たちが運転免許取得するモチベーションが低下してしまって、合宿免許の運営サイクルにも変化がよぎなくされているとも言うことができます。

以前なら、高校を卒業したらまずは運転免許取得という自然な流れがあったはずです。

そして、ある時代では、私はペーパードライバーというクルマを乗らない人たちが増加しました。

そして、いま、それを通り越して、運転免許取得しない人たちが増えて来てしまったのです。

運転免許取得しようかどうしようか迷っているのではなく、運転免許証について頭に全然ないという方々が増えているということは非常にショッキングな出来事ではないでしょうか。

運転免許取得しないリアルな数字

実際に、それは、思い込みということではなく、リアルな数字としてあります。

国土交通白書 2013のデータですが、20代では1991年に74.2%であったのに、運転免許取得している人たちは、 2011年には63.5%にまで減少することになります。

2017年 新成人のカーライフ意識調査では、運転免許取得者は、56%程度……、そろそろ二分の一以下という事態にもなってしまうことでしょう。

いま、合宿免許の危機を迎えているのは、クルマ離れというのではなく、運転免許取得離れなのです。

運転免許取得はいらない意見

30歳男性

実際に、運転免許取得しない人に聞いてみました。運転免許取得してもクルマを持つことができないので、ペーパードラバーという発想なら免許取得しないと方がいいと思いましたね。

実際に、合宿免許に行ってもお金がかかる訳ですし、そのような未来に対してにお金を費やすのなら、いま使用しなければならないお金が必要な訳ですし。

ビジネスで運転免許取得が必要とか、彼女がいてどうしてもクルマが欲しいという具体的モチベーションがないと、なかなか今時の若い人たちは、運転免許取得という発想には至らないのかもしれないですよね。

運転免許取得とは、そもそも身分証明という機能しか果たさないのです。身分証明に、これだけお金を支払いしなければならないとすれば、やっぱり高すぎではないでしょうか。

合宿免許はムーチョで探そう

新着記事