Menu

合宿での運転免許取得のみきわめとは

合宿免許へこれから行こうとしてい人たちは、どのような点に注意をして向きあえばいいのでしょうか。注意しなければならないのは「みきわめ」です。

でも、合宿での運転免許取得のみきわめって、なんのことなのでしょうか。わからない……という方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

合宿免許はムーチョ

そもそもみきわめとは

そもそも合宿での運転免許取得でいうみきわめとはどのようなことを言うのでしょうか。

みきわめとは、技能教習の効果を確認するためにあります。

合宿での運転免許取得においても、技能教習が行われるさいに、所内教習を受けてから、次のステップには路上教習があります。

次にステップアップするため、技能教習の効果がきちんと出ているかチェックする必要は当然出てくるでしょう。

それが、ここでいうみきわめのことです。

あなたは、いままで合宿での運転免許取得で勉強して来たことがしっかり身につけられているでしょうか。

みきわめで、良好と判断されれば次にステップアップすることができます。不良という場合には、現在の段階の教習をまだ延長する必要があり、なかなかスムーズに合宿での運転免許取得を卒業することができないかもしれないですよ。

ただし、ここでいうみきわめとは、検定や試験のジャンルではなく、教習の一部です。

みきわめが良好だとしても、合格を保証してくれるものではありません。

リラックスして向きあう

しかし、不良なら次にステップアップすることができないため、生徒たちは緊張もしてしまうかもしれないですよね。 ですからみきわめは、結構恐いキーワードとして認識している人たちも多くいます。

運転免許というものは、緊張してしまうからなかなか取得できないというケースは非常に多いですよね。あなたがそれとリラックスして向きあうことができれば、何も問題はないのかもしれないですが。

もしも不良となってしまった場合でも、「別に緊張もしてしまったから失敗してしまっただけ。決して技術が未熟なわけではない」という開き直りで再度挑戦していただきたいですね。

みきわめが不良となり、落ちた場合?

みきわめが不良になれば、なんだか暗雲たちこめてすごく落ちこんでいる人たちもいるかもしれないですよね。このままでは合宿免許を簡単には卒業させてもらうことができないと思うしまうかもしれないですよね。

みきわめで不良と判断されたとき、出来ていない教習の項目を追加で予約する必要が出てきます。

しかし、それは、今後免許取得して安全運転をするあなたのためなのです。そのとき、教官のアドバイスもしっかり聞いて、教習としっかり向きあうようにしましょう。

新着記事