Menu

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの新作

いま、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinについてあまり知らない……という人たちは、どのような種類を求めていけばいいのでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinについてわからない……という人たちは、バシュロンコンスタンタンの「新作」を求めていけばいいのではないでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinでは、「ヒストリーク」コレクションにコンプリートカレンダーを搭載する「ヒストリーク・トリプルカレンダー1942」「ヒストリーク・トリプルカレンダー1948」、更に、 「ヒストリーク・アメリカン 1921-36.5㎜」の3つのタイプが新しく登場しました。

ヒストリーク・トリプルカレンダー

1942年と1948年に一度登場したことがある、 2種類のカレンダーウォッチが、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの「ヒストリーク・トリプルカレンダー」という復刻することになります。

「ヒストリーク・トリプルカレンダー」には、いかにもヴィンテージという雰囲気がありありと漂っています。鉤爪型のラグ、ケースバンドに施されてあるトリプル・ゴドロンは、 3列の溝を掘った装飾のことです。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinという高級腕時計が好きという人たちは、このような細工にこの上なくバシュロンコンスタンタンの魅力を感じたりするのではないでしょうか。

まさに、それは、余裕のある大人でないと感じ取ることが出来ない魅力です。ここには、バシュロンコンスタンタンの40年代の典型的なスタイルを随所に再現されています。

もちろん、このバシュロンコンスタンタンに存在しているのは、雰囲気だけの問題ではなく、機能性に対してしっかり信用することが出来る安心感です。3気圧の防水性、パワフルな香箱による約65時間のパワーリザーブなどがそなわり、バシュロンコンスタンタンはかなり機能的にも安心することが出来る高級腕時計なのです。

ヒストリーク・トリプルカレンダー1942

バシュロンコンスタンタンはじめてという方々に、イチオシはヒストリーク・トリプルカレンダー1942です。
ヒストリーク・トリプルカレンダー1942は、とてもレトロでシックです。

針で日付を表示、窓で曜日や月を表示、ステンレススティール製のトリプルカレンダーがとても素敵な雰囲気を作りだしています。

2トーンのシルバー仕上げの文字盤に、ボルドーやダークブルーのカレンダーが刻まれ、当時の人たちの、私達よりも全然余裕の存在しているライフスタイルを垣間見ることが出来ます。

新着記事