Menu

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの世界観

みなさんは、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinという高級腕時計のことをご存じでしょうか。

今回みなさんには、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinという高級腕時計の世界観を理解していただきたいと思います。

バシュロンコンスタンタンとは

いま、世界じゅうには、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinという高級腕時計をこよなく愛し続けている人たちがいます。

でも、逆にバシュロンコンスタンタンの一体何が凄いのか、あんまりよくわからないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような人たちは、バシュロンコンスタンタン自体をチェックすることよりも、まずは、バシュロンコンスタンタンのコメモレーションを理解しようとするのがいいでしょう。

なぜなら、コメモレーションは、バシュロンコンスタンタンの全体を語る時計とも言っていいからです。

得意分野と言えばスポーツシリーズ

現在、バシュロンコンスタンタンの得意分野と言えば、スポーツシリーズです。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの「オーヴァーシーズ」が大好き!という方々も多くいらっしゃることでしょう。

1977年の「222」があり、「333」や「フィディアス」という流れを経て、 1996年登場のオーヴァーシーズという感じです。

実際には、このようなスポーツシリーズが、近年のバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinともいうことが出来るでしょう。

しかし、実際には
1755年からスタートしたバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinを、1977年の「222」からスタートしたスポーツシリーズで全部を語るのは、ほとんど無理ともいうことが出来ます。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの得意分野

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの得意分には、他に、“コンプリケーション(複雑機構の時計)、ダイヤモンドなどを使った宝飾時計、 シンプルなドレスウォッチという得意分野も存在しています。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinには、スポーツシリーズだけでなく様々な方向に対して得意分野が存在しているということが出来ます。

ですから、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinは器用過ぎて、なかなかブランドとしての特徴が見えない……という人たちもいます。

ずばりバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinがどのような高級腕時計なのかといえば、特徴が見えないにも関わらず独特の世界を持っている時計と言っていいのではないでしょうか。

新着記事