Search
Search Menu

コチョウランの種類

コチョウランにどのような種類があるのか見てみましょう。 コチョウランの種類について知っていると、あなたもちょっとしたセレブに見られるかもしれません。とにかく、バラや、カーネーションとも違い、コチョウランにはリッチ感覚のイメージが漂うお花です。

【大輪胡蝶蘭・白】

やっぱり、コチョウランは白がいいと思っている人たちが多いのではないでしょうか。大輪胡蝶蘭・白は、清楚で気品にあふれたコチョウランであり、お祝い事からお悔やみごとまで幅広く使用されています。 結婚式や、ブライダルフラワーとしても頻繁に使用されます。

【大輪胡蝶蘭・ピンク】

大輪胡蝶蘭・ピンクは、華やかで明るく躍動感があります。様々なお祝い事でも使用することができるコチョウランです。

白の胡蝶蘭とのコンビで、紅白胡蝶蘭として利用されるシーンも頻繁に見かけます。

【大輪胡蝶蘭・紅白】

一方でこちらは、大輪の真白い大輪の中央に赤のアクセントが印象的な赤リップコチョウランです。優美な感じの中にも、華やかな感じを見つけることができます。

このコチョウランも、おめでたいシーンにフィットしています。 いろいろ、プレゼントしたいお花もあるでしょうけど、一番、際だつお花と言ってもいいでしょう。

【大輪胡蝶蘭・黄色】

そして、大輪胡蝶蘭・黄色は、それほど流通していないのかもしれませんが、やっぱり、このような希少価値の存在するコチョウランがいいという人たちもいるのではないでしょうか。新築祝いなどのお祝いギフト・贈答品として利用する人たちもおり、自分自身のため、インテリアとして使用する人たちも多くいます。

【ミディ胡蝶蘭】

ミディ胡蝶蘭は、小ぶりな感じで、可憐なお花が咲きほこった鉢植えです。 普通の胡蝶蘭と比較して、花持ちが良いことも特徴です。

【コチョウランの大きさの違い】

コチョウランには、お花の大きさの違いがあります。大輪のコチョウランの場合は、花の大きさが、11~15cm以上あり、やはり、見た目が華やかだから、開業・開店祝いなどに利用されるケースが多いです。

中輪は、3~6cm程度であり、見た目が愛らしく育てやすいため、家族などへ気軽な感じでプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
小輪は、2~4cm程度のものを言います。 小さく飾りやすいこともあり、自宅用・お土産用の利用が多いと言います。

みなさんも、用途に合わせて、花の大きさからコチョウランを決めてみてはいかがでしょうか。