Search
Search Menu

コチョウランの特徴

開店祝いなどに当たり前にコチョウランを贈ろうという姿勢を持っているのではないでしょうか。それはなぜなのでしょう。 みなさんは、そのようなシーンにおいて、何をプレゼントしていいかわからないから、取り敢えずコチョウランを贈れば問題なしという気持ちになっているのでしょうか。コチョウランを贈るということは決してそういうことではありません。

【なぜ胡蝶蘭がお祝いの定番とされているのか?】

なぜ胡蝶蘭がお祝いの定番とされているのか?といえば、やっぱり、コチョウランというお花が縁起のいいお花とされているからです。コチョウランの花言葉も、幸福が飛んでくるというものがあります。

お店を開店した人たちは、誰もそのような気持ちで、心機一転頑張ろうという気持ちを持っているのではないでしょうか。ですから、開店祝いにコチョウランというのは間違いではありません。

【鉢植えは「根付く」という意味】

鉢植えは「根付く」という意味を持っています。ですから、入院している人たちへのプレゼントとしてふさわしいとはいうことができないかもしれませんが、鉢植えは「根付く」という意味でも、幸せが根付くというイメージを想起させて、縁起がいいと理解されています。

【店内を明るく華やかにしてくれる】

そして事実、コチョウランが飾られている部屋は、とっても明るいというイメージを持つことができます。いろいろ、みなさんは、お部屋を飾るためにインテリアのことを考えているのでしょうけど、コチョウランを飾るというのもインテリアとして有効的手段です。

そのような明るいお店にお客様も来たいと思っています。そのような意味では、コチョウランという存在は、お客様をお店に引き寄せてくれるお花ともいうことができます。

【香りや花粉がほとんどない】

そして、コチョウランは香りや花粉がほとんどないという特徴があります。香りや花粉が食事をおいしくなくさせてしまうから、飲食店への開店祝いには、お花を贈るのは避けようという傾向があります。しかし、やっぱりお花が華やかでいいと思った時に、コチョウランのような、香りのないお花に意識が集中してしまうのもある意味当然の結果です。

コチョウランはシーンは問わず、気軽に贈ることができるお花なのです。 そして、更にコチョウランには、花持ちがよく、長く楽しめるからという理由があります。 そして、コチョウランなら、季節を選ばずに贈ることができます。