Menu

合宿免許で免許取得 購入するクルマはコンパクトカー

合宿免許では、どのようなクルマを購入しようかいろいろ夢見ているうちにいつの間にか運転免許取得ができてしまうのではないでしょうか。

合宿免許で免許取得して、コンパクトカーという人たちもいらっしゃることでしょう。

しかし、コンパクトカーとはなんなのでしょうか。

それがわからない……という人たちもいます。

合宿免許を調べるならくりっくで

コンパクトカーとは何か

コンパクトカーとはなんなのでしょうか。

今更相部屋で周囲の人たちに聞けないという人たちは、この記事でコンパクトカーが何かしっかり抑えておきましょう。

コンパクトカーとは、軽自動車のこと……と思っている人たちもいますが、そうではありません。

コンパクトカーは、排気量が1,000~1,500ccのクルマに対していいます。

そして、コンパクトカーの特徴は、ハッチバックやトールワゴンのような居住スペース空間と荷室が一緒になった2ボックスカーです。

クルマは新車で購入しようと思えば、相当価格は高いです。

合宿免許費用にお金がかかり、大変は大変ですが、コンパクトカーなら、おおかた200万円以下で購入することができます。

安いからコンパクトカーにしようという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

燃費も20km/リットルというのもリーズナブルに今後費用をおさめることができるポイントです。

コンパクトカーは、更に非常に小回りが利くというのも特徴です。だから運転が楽と感じるでしょう。

コンパクトカーを選択すれば、前輪と後輪の幅が広くすることができるから、最小の回転半径は、ほとんどが5m未満です……。

合宿免許での教習で、こんな前輪と後輪の幅についても勉強したのではないでしょうか。

免許取得初心者の方々も、駐車スペース空間にとめるのが楽です。

もっとコンパクトカーをおすすめしたい理由

合宿免許で免許取得して、はじめてのクルマにコンパクトカーをおすすめしたい理由はまだまだ続きます。

やっぱり維持費が安いメリットは、軽視するべきではありません。

クルマはあなたが想像しているよりも全然お金がかかってしまうという考えは正しいです。

しかし、コンパクトカーの場合、タイヤを購入しなければならないという時、タイヤの価格もリーズナブルです。

軽自動車はタイヤに特徴があると思っている人たちも多いですが、コンパクトカーもタイヤは、幅が165~225mm、リム径が14~18インチのものを使用しているので、幅とリム径が小さい程価格は安く済ますことができます。

合宿免許の実態を知りたい

合宿所の料金や生活そして免許を取得するまでの期間はどうか

合宿免許に通おうとしている人が知りたい内容の一つは、免許を取得する場合にどれぐらいの期間がかかるかでしょう。合宿免許の魅力の一つは、通学型の免許と異なり短期間で免許取得することができる点です。例えば、2輪免許の場合には1週間ほどで取得することが可能になります。一方で、普通自動車免許の場合には18日間もあれば取得することが可能になるでしょう。実際には、試験に受からない場合や技能教習で教官がもう一度やり直した方がよいと考えている場合にはそれ以上の時間がかかることもあります。

気になる金銭面ですが、繁忙期の場合と閑散期に分かれてきます。一般的に合宿免許に通う人は学生が多いため学生が夏休みの7月から8月にかけては繁忙期になります。春休みの3月から4月にかけても繁忙期になることが多いです。この期間に合宿免許に通うと30万円ぐらいのお金がかかることもあるでしょう。一方で、夏休みや春休み期間以外は閑散期になりますのでその期間は生徒数も少なく安い料金で免許取得することができます。おおむね25万円ぐらい支払えば合宿免許に参加することができます。料金は、教習にかかる費用だけでなく宿泊にかかる費用や食事代も含まれています。

教習所の1日の生活は、朝の8:00ないしは9:00からスタートします。自宅から通うパターンと異なり短期間で卒業を目指すため1日に2コマから3コマ行うことも少なくありません。ただ、場合によっては午後からのみの授業の場合や午前中だけで授業が終わることもあります。その人がどれぐらいのスピードで免許を取得したいかによって変わってくるでしょう。

教習所によっては、年齢制限を設けているところがあります。一般的には、18歳以上の学生が通うことが多いですので、学生を中心に25歳ぐらいまでとしている傾向があります。そのため、40歳ぐらいになって免許を取得したいと考えても合宿免許に通うこと自体ができない可能性があるため事前に確認をしておきましょう。仮に、年齢制限がなかったとしても、保証制度などを利用することができない可能性があります。この保証制度とは、通常の回数をオーバーして教習を受けなければならない場合にメリットがあります。例えば、試験に落ちてしまい補講をしなければならない場合はその分お金がかかってしまいます。ですが、保証制度に加入しておけば追加分を無料で受講することが可能です。この保証制度は年齢制限があることが多いため、事前に調べておくことが大事です。

新着記事