Menu

バシュロンコンスタンはどのような高級時計か

何よりもバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinがいいというマニアたちが日本にも多くいます。果たして、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinとはどのような時計なのでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinとは

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinとは、オーデマピゲ(Audemars Piguet)、パテックフィリップ(PATEK PHILIPPE)と共に並ぶ世界三大時計なのです。

エレガントかつ派手すぎない上品さを兼ね備えたアンティークなデザインを持ち、オーデマピゲ(Audemars Piguet)、パテックフィリップ(PATEK PHILIPPE)ではなく、やっぱりバシュロンコンスタンタンがいいという人たちも多くいます。

バシュロンコンスタンタンは、パトリモニー、オーバーシーズ、トラディショナルなど長きに渡って人気な腕時計を作り続けています。

当然、そこにはパトリモニー、オーバーシーズ、トラディショナル……それぞれに魅力が存在し、何にしていいか果てしなく迷っている方々が多いでしょう。

ケ・ド・リル

そんな中、私がおすすめしたいバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinは、ケ・ド・リル 4500S/000A-B196です。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのクラシカルなものがいいという方々は、このようなタイプがいいのではないでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの中でも、それ程知名度は高いということではありませんが、マニアたちは、このようなバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinをきっと求めていることでしょう。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinは、かつて、スイス・ジュネーブにある、ローヌ川の中州に位置する場所に工房があったのですがその地名が、「ケ・ド・リル」なのです。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinケ・ド・リルは、クッションケースとポインターデイトが特徴的な感じです。

ケースバックは裏スケ仕様となっており、ジュネーブシール取得の自社キャリバーCal.5100をじっくり眺めることが出来る楽しみがあります。

2つの香箱を搭載して、60時間のロングパワーリザーブをここで実現することが出来ました。

デザイン・実用性ともにかなりレベルの高い時計だと思いますよ。

3層からなるダイアル

更に、ダイアルは多層構造で、中心のデイト表記、間にはポインターデイト、外周には時間の目盛と3層構造なのも特徴です。

まさに、作り込みに気のゆるみは全く感じさせない出来です。

新着記事